スキンケアには保湿が欠かせない!

たっぷりの化粧水で肌を潤わせる

  • お肌の保湿をする際には化粧水の量をケチらずにたっぷり使いましょう。近年ではトロミのついたタイプの化粧水も販売されるようになりました。こうしたものは蒸発しにくい特徴を持っているので、潤いを与えやすいといえるでしょう。コットンを使いパッティングをする方もいるようですが、できれば手のひらでパッティングをしてあげる方が良いのですよ。手のひらでパッティングをすることにより、手のひらの温度がお顔のお肌にも伝わります。

    そこで肌がリラックスしますので、保湿成分が効果を発揮しやすいようです。乾燥が気になるときには、一度のパッティングだけではなく、パッティングを終わらせた後にもう一度パッティングをしても構いません。また保湿を目的にしますので、化粧水だけではなくパックをすることや美容液をつけてあげることも忘れずに行いましょう。

    皮脂の分泌が多い方は、ベタつきが気になってしまうかもしれません。毎日丁寧に保湿を行っているうちに皮脂バランスが整います。そうすると、過剰な皮脂の分泌もストップしますので、お肌が安定した状態を保てるようになるでしょう。保湿をするためにパックを使用する際には、パックが乾いてしまう前にお肌から外しましょう。これも保湿の大きなポイントです。